【海外】フィリピンがカジノ大国に!?18年にシンガポールを上回る予想。

麻雀が遊びから稼ぐ手段へ。本物の雀士になりたい方はこちらをクリック

マカオのカジノの売上がラスベガスの売上を超えたり、
シンガポール、台湾、そしてフィリピンと、
アジアのカジノが活発になっている印象です。

いよいよ、アジアの中でもカジノ参入が後発となってしまった日本。

法案通過への加速材料となるのでしょうか。

比カジノ産業規模 18年には56億ドル超 クレディ・スイス予想

フィリピンは、東南アジア諸国連合(ASEAN)で最大の「カジノ大国」になる見込みだ。スイス金融大手クレディ・スイスは、同国カジノ産業の市場規模が2018年までに56億ドル(約5370億円)を超え、シンガポールを上回ると予想した。現地紙インクワイアラーなどが報じた。

クレディ・スイスによると、フィリピンのカジノ産業は18年まで年平均28%の成長を維持する見通し。人口9700万のフィリピンは、カジノが盛んなマカオやシンガポール、マレーシアなどよりも人口が多い点が有利に働くほか、労働人口が年2%ずつ増加するとともに所得増で購買力が高まり、娯楽産業の規模が飛躍的に拡大するという。

ASEAN域内では、フィリピン以外に15年までカジノの開業が予定されていないのも追い風だ。

フィリピン政府は観光振興や外貨獲得などを目的にマニラ首都圏内にカジノを含む大型娯楽施設を集積する計画を進めており、フィリピン・アミューズメント・アンド・ゲーミング公社は同国カジノ産業の規模が17年には100億ドルに達すると強気にみている。(シンガポール支局)

【2013年3月22日 サンケイビズ】

 

 

コメントは受け付けていません。

関連するタグ

関連する記事

こんな記事もいかがですか?

オンカジがオススメするカジノ

インターカジノ
インターカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
ベラジョンカジノ
ベラジョンカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
ウィリアムヒル
ウィリアムヒルこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>

$250(19,000円相当)得するオンラインカジノ、インターカジノって知ってますか?

このページのトップヘ

新着ニュース

お名前

メールアドレス