【海外】カジノ解禁へ。台湾で草案が議会を通過。

完全日本語対応+スマホ対応のブラウザゲーム!「ベラジョンカジノ」詳しくはコチラ>>

日本でもカジノ解禁へ色々動きがありますが、
一足先に台湾でカジノが解禁になる動きですね。
議会で草案が通過したことでも、これで公に「解禁」となりそうです。
お隣の国でカジノが解禁になった「今」。
日本のカジノ解禁への動きに影響はあるのでしょうか?

 

台湾、カジノ解禁へ 2017年にも併設リゾート

台湾政府交通部(国交省)の「国際リゾート村計画審査方法」の草案がこのほど議会を通過し、早ければ2017年にもカジノを併設した国際リゾート村が開業されることになった。すでに、マカオなどからの問い合わせが相次いでいる。
台湾企業では懐徳(かいとく)連合開発が2400億元(約7600億円)の投資を表明。馬祖(まそ)島にカジノを建設し、対岸の福州市に700ヘクタールの土地を確保して国際観光ホテルを誘致。昼は馬祖島でカジノ、夜は福州に宿泊するというプランを打ち出している。
同社によると、同事業により8万人の雇用を創出し、多大な経済効果を生むとしているが、ターゲットである中国人観光客の呼び込みには、台湾での賭博行為を禁じている中国政府との交渉が必要で、今後最大の懸案となるとみられている。

【2013年3月11日 琉球新報】

 

 

コメントは受け付けていません。

関連するタグ

関連する記事

こんな記事もいかがですか?

オンカジがオススメするカジノ

ウィリアムヒルスポーツ
ウィリアムヒルこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
ベラジョンカジノ
ベラジョンカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
インターカジノ
インターカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>

$250(19,000円相当)得するオンラインカジノ、インターカジノって知ってますか?

このページのトップヘ

新着ニュース

お名前

メールアドレス