【海外】香港前引けでカジノ関連株が下落

登録するだけで500円!オムニカジノで遊びませんか!!??>>

 

香港前引け:続落、カジノ関連株売られる

19日前場の香港株式市場で、ハンセン指数は続落。前場終値は前日比0.27%安の23319.94ポイントだった。H株指数は0.78%安の11644.26ポイント。半日のメインボードの売買代金は概算で290億3700万HKドル。

ハンセン指数は小安く寄り付いた後、ほどなくプラス圏に浮上したが勢いは続かず、再びマイナス圏に沈んだ。材料不足による短期売買中心の展開となり、次第に高値警戒感からの利益確定売りが優勢となった。また、3月上旬に開催される全人代と全国政治協商会議を控え、不確実性を回避する海外勢も多く、様子見ムードも広がった。

個別では、2013年1月の保険料収入が前年同月比で5%減少した中国人寿保険(02628)が2.44%安と相場の下げを主導。中国平安保険(02318)も連れ安した。サンズ・チャイナ(01928)などカジノ関連株も安い。2月1-17日のマカオのカジノ収入が市場予想を下回る伸びにとどまったと伝えられたことが嫌気された。半面、中国政府系大手港湾運営事業者の招商局国際(00144)が1.79%高とハンセン指数構成銘柄の上昇率1位。H株では医療機器メーカーのウェイガオ・グループ(01066)が高い。

【2013年2月19日 二季報WEB】

 

 

コメントは受け付けていません。

関連するタグ

関連する記事

こんな記事もいかがですか?

オンカジがオススメするカジノ

インターカジノ
インターカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
DORA麻雀
DORA麻雀このカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
ベラジョンカジノ
ベラジョンカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>

2003年から8年以上もオンラインカジノにおける様々な賞を受賞し続ける『オンラインカジノの王様』

このページのトップヘ

新着ニュース

お名前

メールアドレス