【記事】橋下市長、安倍首相にカジノ合法化を強く要求

完全日本語対応+スマホ対応のブラウザゲーム!「ベラジョンカジノ」詳しくはコチラ>>

先日の会談で橋下市長は安倍首相に、大阪湾岸地区でのカジノ計画提案書を提出し、
日本での法制化を強く要望されたとのことです。
自民党内でもすでにカジノに関する法案の準備はできていて、あとはこれをいつ議案に
乗せるかタイミングの問題とみています。 そのほか地方行政からの要望はこれまでに
いくつもあがっています。 これでようやく国もカジノの実現に向けて動き出すでしょうか?

 

橋下市長が首相と会談 カジノ実現へ前進

日本維新の会代表代行の橋下徹大阪市長(43)が11日、大阪市内のホテルで安倍晋三首相(58)と会談し、カジノを含めた統合型リゾートを大阪湾の人工島「夢洲(ゆめしま)」(大阪市此花区)に誘致する提案書を渡した。2012年度補正予算案など国会審議への協力を求められた橋下氏が引き換えに、安倍氏に夢洲の地図まで示して構想を説明。安倍氏も興味を示したといい、カジノ合法化に向けた法整備を求める橋下氏にとって夢プランが前進した。

橋下氏と日本維新の会幹事長の松井一郎大阪府知事が、安倍首相と会談した。安倍氏から本年度補正予算案の早期成立への協力を求められ、応じると、すぐさま2人は“要求”を突きつけた。教育再生、公務員制度改革などの重点施策や、カジノを含めた統合型リゾートを夢洲に誘致する計画の提案書を手渡した。

会談後、橋下氏は「思いっきり強く求めました。カジノっていうのは雇用も生まれるし、間違いなく経済は活性化する。国際的な観光地になる。安倍首相ならできると思う」と期待感を表明した。

カジノは、府知事時代から橋下氏が描く統合型リゾート施設の目玉プラン。投資効果は1兆円規模と言われる。一方で誘致は環境面などのハードルが高く、国の法整備は進んでいなかった。夢洲は1980年代から埋め立てが続き、広さは385ヘクタール。この日は地図まで提示し「夢洲は埋め立て地ですから、隣接地域との隔離も可能」と説明。安倍氏が強い興味を示したとみるや「それ(治安悪化など地元の不安の声)はしっかり抑えたい」と迫った。

既に府市は、来年度予算案に誘致の調査費用を計上する方針を決めた。大型リゾート施設を、大阪の成長戦略の起爆剤にしようという考えの橋下氏に対し、安倍氏も「日本が東京1つのエンジンで進んでいくのは厳しい時代。2つめのエンジンをしっかり再生してほしい」と、橋下氏の大阪再生の手腕に期待。経済成長を促すため、規制緩和へ取り組む意向も見せた。

会談は約23分。夏の参院選出馬へ向けた政治的な話は時間切れのため出なかったが、安倍氏は日本維新と政策ごとに連携する「部分連合」実現に手応えを示した。一方の橋下氏は、衆参のねじれに悩む安倍氏の懐に飛び込み、自らの夢を推し進める第1歩となった。

【2013年1月12日 日刊スポーツ】

 

 

コメントは受け付けていません。

関連するタグ

関連する記事

こんな記事もいかがですか?

オンカジがオススメするカジノ

オムニカジノ
オムニカジノこのカジノに関する記事>>

登録はコチラ>>
ベラジョンカジノ
ベラジョンカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
DORA麻雀
DORA麻雀このカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>

麻雀が遊びから稼ぐ手段へ。本物の雀士になりたい方はこちらをクリック

このページのトップヘ

新着ニュース

お名前

メールアドレス