【速報】 マカオ観光事業が絶好調!カジノ収益も過去最高

2003年から8年以上もオンラインカジノにおける様々な賞を受賞し続ける『オンラインカジノの王様』

相変わらずマカオへの旅行客は増え続けていますね。これもカジノの恩恵でしょうか?
今年半年のカジノ収入はなんと 1兆2,000億円。いったいどこまで行くのでしょうか。

好景気に沸くマカオ、7月の旅行者数は18%増

世界的な景気先行き不透明感をよそに、中国の特別行政区マカオが好景気に沸く。マカオ政府統計調査局(DSEC)が発表した7月のマカオへの旅行者数は前年同月比18%増の255万867人と大幅に増加。11年の1-7月累計では1580万人と前年同期から9.8%増となった。

人が動けばお金も動く。マカオのカジノ監督当局GICBによれば、マカオの7月のカジノ収入は前年同月比16%増の242億1000万パタカ(約2300億円)となり、5月に次ぐ今年2番目の高収入の月となった。1-7月の累計のカジノ収入は前年同期比45%増の1483億パタカ(約1兆4089億円)にのぼり、昨年の年間収入(約1.9兆円)に迫る勢いだ。

DSECによる7月の旅行者の居住地域別の統計では、中国本土からマカオへの旅行者が前年同月比27.9%増の146万人で、その多くは地理的に近い広東省のほか、経済発展が進んでいる中国沿岸部の福建省や浙江省だった。国・地域別の旅行者数では、香港から同7.3%増の72万人、台湾から同4.1%増の13万人、韓国から同23.6%増の3.5万人、マレーシアから同16.4%増の2.1万人とそれぞれ増加した。一方、日本からの旅行者数は同11.1%減の2.9万人と低調だった。

マカオへの投資も注目を浴びている。多くのカジノ運営会社はマカオの土地開発計画を有しており、今後投資を加速させる方針。2015年にはカジノ収入が500億ドル(約3.9兆円)に達するとの見通しもあり、成長への期待は大きい。マカオの11年1-3月期GDP(域内総生産)成長率は前年同期比プラス21.5%となっている。

【2011年8月25日 モーニングスター】
http://www.morningstar.co.jp/portal/RncNewsDetailAction.do?rncNo=524210

コメントは受け付けていません。

関連するタグ

タグ: , ,

関連する記事

こんな記事もいかがですか?

オンカジがオススメするカジノ

インターカジノ
インターカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
DORA麻雀
DORA麻雀このカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
ベラジョンカジノ
ベラジョンカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>

登録するだけで500円!オムニカジノで遊びませんか!!??>>

このページのトップヘ

新着ニュース

お名前

メールアドレス