【海外】シンガポール・セントーサ、ホテルの拡大を計画

完全日本語対応+スマホ対応のブラウザゲーム!「ベラジョンカジノ」詳しくはコチラ>>

シンガポールのセントーサのカジノホテルがさらに拡大するようです。
先日オープンした巨大水族館のほかに、ユニバーサルスタジオやマリンリゾートを
備えるRWSですが、客室が常に満室状態とは景気がいいですね。

カジノリゾートのRWS、ジュロンにホテル

セントーサ島でユニバーサル・スタジオを含むカジノ総合リゾートを経営しているマレーシア系リゾート・ワールド・セントーサ(RWS)は、最近取得したジュロンの土地にホテルを建設する。

RWSは島内に高級ホテルを6軒(計1,500室)、経営しているが、常に満室に近い状態で、外国人客、特にマレーシアからの客呼び込みにはホテル新設が必要と判断した。

ホテル用地としては過去最高価格で落札しており、2014年末か2015年初頭の完工を目指す。ジュロン・イーストMRT駅から徒歩で5分という立地条件。シンガポールに隣接するマレーシア・ジョホール州の新開発地区、イスカンダル・マレーシアに低料金のホテルを建設することも検討している。

RWSは世界最大の海洋水族園「マリンライフ・パーク」の完成ですべての施設建設が終わったため、12月7日、リー・シェンロン首相を招きグランドオープンの式典を開催した。

会見でRWS親会社ゲンティン・グループのタン・スリ・リム・コック・タイ会長は、カジノ解禁に向けた動きがある日本を注視していると語った。日本では超党派の国際観光産業振興議員連盟(IR議連)がカジノ導入を検討しており、与野党で関連法案の準備が進んでいる。

リム会長は、日本の国会は12~18ヵ月後にはカジノを容認する法案を承認するとの見通しを示した。

【2012年12月10日 AsiaX】

 

 

コメントは受け付けていません。

関連するタグ

関連する記事

こんな記事もいかがですか?

オンカジがオススメするカジノ

オムニカジノ
オムニカジノこのカジノに関する記事>>

登録はコチラ>>
ベラジョンカジノ
ベラジョンカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
DORA麻雀
DORA麻雀このカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>

完全日本語対応+スマホ対応のブラウザゲーム!「ベラジョンカジノ」詳しくはコチラ>>

このページのトップヘ

新着ニュース

お名前

メールアドレス