【記事】 アジアのカジノ市場はまだまだ成長段階?!

登録するだけで500円!オムニカジノで遊びませんか!!??>>

OnlineCasino.sgとは、シンガポールのオンラインカジノ専門ポータビリティサイトのようです。
ここの見解によると、アジアのカジノ市場はまだ成長過程とのことです。
しかし、近年のアジアのカジノラッシュをみると、近く供給過多に陥るのではと考えます。

アジアのカジノ・セクターは力強い成長で地域の
景気を支えるとOnlineCasino.sgが報告

.
OnlineCasino.sgが実施した詳細なリサーチの報告書は、域内経済を主導する一部の国での景気の鈍化にもかかわらず、アジアのカジノ・セクターが今後も力強さを示していくとまとめられています。
中国やインドのような国では近年に経済成長がやや鈍化しているものの、アジアの2大ギャンブル・ハブとしてのマカオとシンガポールは好調が続き、両国のカジノ収入と訪問者数は堅調を維持しています。
市場にはアジアの他の地域に新たなカジノのハブが形成される余地があるとも、報告書は述べています。

域内のギャンブル・ハブは業績良好

.
この報告書は、中国本土とインドの経済成長が予想を下回っているにもかかわらず、シンガポールの各カジノ市場が依然として活気を呈していることを報告しています。マカオへの訪問者は、そのほとんどが中国本土、香港、台湾からという傾向があり、最近の増加ペースは以前より緩やかになっているものの、カジノ収入自体は堅調なペースでの増加を維持しています。ウィン・マカオなどのカジノ事業者がマカオの新カジノに40億ドルを投資するなど、マカオの見通しは堅調を保っています。
同様に、シンガポールの2大メガリゾートのカジノもオープン(2010年と2011年)後の業績は良好で、GDPは大幅に増加し、観光客数もそれぞれのオープン後の増加が明らかです。

将来成長の可能性

.
報告書はまた、アジアのカジノ・セクターは業界としてピークをつける状態からは遠く、大きな成長余地を持っているとも述べています。シンガポールとマカオへの観光客のパターンを緻密に調査したところ、この2つのギャンブル・ハブが効果的に集客力を及ぼしていない地域がアジアにはいくつも残されています。
特に注目すべき点として、日本でのカジノ・プロジェクト案やロシアのウラジオストク港が大規模なカジノとして成功する大きな可能性を持っていると報告書は判断しています。

輝かしい未来へ向けて

.
OnlineCasino.sgの詳細な報告書はアジアのカジノ市場を一連の経済指標やその他の統計を使用して分析し、域内の経済見通しが全体的にいくらか軟化しているものの域内のカジノ業界への波及的影響は限定的であり、アジアのカジノは明るい未来を期待できると結論しています。

【2012年7月24日 財経新聞】

 

 

コメントは受け付けていません。

関連するタグ

関連する記事

こんな記事もいかがですか?

オンカジがオススメするカジノ

インターカジノ
インターカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
ベラジョンカジノ
ベラジョンカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
ウィリアムヒル
ウィリアムヒルこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>

麻雀が遊びから稼ぐ手段へ。本物の雀士になりたい方はこちらをクリック

このページのトップヘ

新着ニュース

お名前

メールアドレス