【海外】 シンガポール、世界第2位のカジノ大国となるか!?

完全日本語対応+スマホ対応のブラウザゲーム!「ベラジョンカジノ」詳しくはコチラ>>

マカオやラスベガスに比べ、シンガポールはわずか2軒のカジノしかない訳ですから、多くの
ハイローラーを抱えているということですね。
中国だけでなく、インドやアラブのビッグマネーが動いてるのかもしれません。

世界2位のカジノ大国へ シンガポール ラスベガス超え予想

シンガポールが米ラスベガスを抜いて世界2位のカジノ大国になりそうだ。昨年の年間カジノ売り上げ
は、シンガポールが57億米ドル(約4530億円)でラスベガスの61億米ドルにわずかに届かなかった。
専門家は今年、シンガポールが65億米ドル、ラスベガスが60億米ドルとなって順位が逆転すると予想
している。現地紙チャンネル ・ニュース・アジアなどが報じた。トップはマカオだった。

シンガポールのカジノ売り上げはマリーナ・ベイ・サンズ(MBS)とリゾート・ワールド・セントーサの2カ
所のカジノ付き総合リゾートからなり、中国をはじめとするアジアの新興国などから富裕層が訪れて活
況が続いている。  MBSの今年1~3月期の売り上げは前年同期比45%増の8億4870万米ドル、
うちカジノ部門は同51%増の7億130万米ドルだった。

欧州系格付け会社フィッチ・レーティングスはシンガポールのカジノ市場について、2カ所に限定する
ことで規制が行き届いているほか、長期ライセンス制度が功を奏していると指摘。安定的な成長が期
待できると分析している。

【2012年7月23日 産経ニュース】

 

 

コメントは受け付けていません。

関連するタグ

関連する記事

こんな記事もいかがですか?

オンカジがオススメするカジノ

インターカジノ
インターカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
DORA麻雀
DORA麻雀このカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
ベラジョンカジノ
ベラジョンカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>

登録するだけで500円!オムニカジノで遊びませんか!!??>>

このページのトップヘ

新着ニュース

お名前

メールアドレス