【海外】 イギリス最大のカジノとして「ヒポドローム」が復活

2003年から8年以上もオンラインカジノにおける様々な賞を受賞し続ける『オンラインカジノの王様』

写真を見る限りでは、かなりゴージャスですね~。
しかも、「グレードⅡ」指定の歴史的建造物ということですから、
ロンドンの新たな目玉観光スポットとなることは間違いありませんね。

レスター・スクエアの「ヒポドローム」、英国最大のカジノとして復活

ウエストエンド、レスター・スクエアの一角に聳える『ヒポドローム』。
112年の歴史の中、全盛期にはチャーリー・チャップリン、ジュディー・ガーランド、そしてスティービー・ワンダーといった超大物セレブたちも頻繁に訪れる、一時は英エンターテイメント界の華だった。その『ヒポドローム』の改装工事が7年をかけて完了。ロンドンでは初の、カジノ&キャバレー総合エンターテインメント施設として、13日、再オープンを果たした。「イブニング・スタンダード」紙が報じた。

メインとなるカジノ=写真(「イブニング・スタンダード」紙より)=はかつてミュージックホールだった建物の中心部分に置かれ、さらにギャンブル専用フロアが2つある。その他館内にはレストランの他にバーが5つ、個室のダイニングルーム
4室、そして座席数200のキャバレー・シアターがある。

オーナーはビンゴホールの経営などで富を築いたジミー・トーマス氏とその息子のサイモン氏で、
4千万ポンドを、歴史的建造物の「グレードⅡ」に指定されている『ヒポドローム』再建に注いだとさ
れる。サイモン氏は「ギャンブラーの皆さんだけでなく、旅行者の方々にもぜひ立ち寄って欲しい。
グラスを傾けながらキャバレーのショーを覗いていかれるだけでも大歓迎」という。

床面積8640平方メートルはカジノとしては英国最大。従業員は450名前後。収容人数は最大2000人。
21歳以上の成人であれば誰でも無料で入館できるという。24時間営業。

【2012年7月14日 ジャーニー】

 

 

 

コメントは受け付けていません。

関連するタグ

関連する記事

こんな記事もいかがですか?

オンカジがオススメするカジノ

インターカジノ
インターカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
ベラジョンカジノ
ベラジョンカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
ウィリアムヒル
ウィリアムヒルこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>

2003年から8年以上もオンラインカジノにおける様々な賞を受賞し続ける『オンラインカジノの王様』

このページのトップヘ

新着ニュース

お名前

メールアドレス