【海外】 マカオのカジノ、ジャンケットビジネスに危機

2003年から8年以上もオンラインカジノにおける様々な賞を受賞し続ける『オンラインカジノの王様』

経済の景気には波があります。一番いい時に合わせて供給を増やしていけば、
需要が下がった時には景気も一気に落ち込みます。
これからのマカオはどうなるのでしょうか?

カジノ仲介業者が危機、本土経済の停滞受け

中国本土の経済停滞の影響により、マカオのカジノにVIP客をあっせんするジャンケット
(仲介業者)の間にも危機感が広まっている。債務回収や資金貸し付けが以前より困難
になり、特に小規模ジャンケットは廃業や身売りの危機に瀕しているようだ。10日付サウス
チャイナ・モーニングポストが伝えた。

マカオでトップ10位に入るジャンケット、アジア・エンターテインメント・アンド・リソーシズの
梁碩鴻(ケニー・リョン)最高経営責任者(CEO)によると、約15日の平均償還期間に対し、
最近は2~3日の延長を希望する顧客がいるという。

また、あるカジノ運営会社幹部によれば、ジャンケットは与信枠を縮小しているようだ。

専門家は、一般的に債務回収が不得意な小規模ジャンケットへの影響を指摘している。
大手ジャンケットは、債務回収まで顧客の旅券(パスポート)や身分証明(ID)カードなどを
預かり、支払いが滞れば顧客の親戚や友人に支払いを要求する方法をとる。カジノ事業な
どを手がける澳門実徳(マカオサクセス)の馬浩文(ホフマン・マー)副会長は、小規模ジャン
ケットの買収が進み、大手の支配力が強まるとの考えを示している。

マカオには現在、正規の免許を持つジャンケットが200社以上存在する。

【2012年7月11日 NNA.ASIA】

 

 

コメントは受け付けていません。

関連するタグ

関連する記事

こんな記事もいかがですか?

オンカジがオススメするカジノ

インターカジノ
インターカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
ベラジョンカジノ
ベラジョンカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
ウィリアムヒル
ウィリアムヒルこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>

麻雀が遊びから稼ぐ手段へ。本物の雀士になりたい方はこちらをクリック

このページのトップヘ

新着ニュース

お名前

メールアドレス