【海外】 アメリカの大手カジノ、台湾進出に意欲

麻雀が遊びから稼ぐ手段へ。本物の雀士になりたい方はこちらをクリック

ウェイドナー・リゾーツは、すでに台湾でもリゾート開発を手掛けている企業です。
しかし、馬祖列島では水道や電気などのインフラ整備、そして国内関連法の制定などの
課題も多いので、オープンまでに5年以上は掛かるだろうと見通されています。

米国のカジノ業者、台湾・馬祖列島進出に意欲

 米カジノリゾート開発大手、ウェイドナー・リゾーツ(ネバダ州)のウィリアム・ウェイドナー会長は9日に台北市内で会見し、台湾の馬祖列島でカジノ誘致の住民投票が可決されたことを受けて「約600億台湾ドル(約1590億円)を投じてカジノや空港を整備する」と進出に意欲を示した。

 台湾でカジノ誘致に賛成した地方政府は初めて。実現には最短でも5~6年かかる見通しだ。離島である馬祖は中国大陸に近接しており、中国の観光マネーを呼び込む狙いだ。

【2012年7月9日 日本経済新聞】

 

 

コメントは受け付けていません。

関連するタグ

関連する記事

こんな記事もいかがですか?

オンカジがオススメするカジノ

オムニカジノ
オムニカジノこのカジノに関する記事>>

登録はコチラ>>
ベラジョンカジノ
ベラジョンカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
DORA麻雀
DORA麻雀このカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>

完全日本語対応+スマホ対応のブラウザゲーム!「ベラジョンカジノ」詳しくはコチラ>>

このページのトップヘ

新着ニュース

お名前

メールアドレス