【海外】 マカオのカジノ、規制緩和で外国人雇用の必要性

英国政府公認ブックメーカー!ウィリアムヒルはこちら!>>

昨年はカジノ景気のお陰で、マカオ住民には8万円の配給金が還付されたそうです。
今後ますますの雇用拡大には、外国人労働者の採用は不可欠になりそうですね。

マカオカジノ深刻な人材難 外国人雇用の規制緩和が必要

世界最大規模のマカオのカジノ産業が深刻な人手不足に頭を抱えている。同地では求職者が
ほとんどおらず、商店などとの労働者の争奪戦も起きている。カジノ開発が一段と加速するなか、
雇用規制緩和を求める声が強まっている。

米国のラスベガス・サンズとウィン・リゾーツや、香港のギャラクシー・エンターテインメント・グループ
(銀河娯楽)などカジノ各社は、昨年カジノ収入を42%押し上げた中国人観光客の呼び込みを強化
しようとしているが、労働力の確保に苦慮している。人口50万のマカオには、一部の職種で居住者
雇用を企業に義務づける規定があり、カジノ各社はカードディーラーや建設労働者、企業幹部の確
保に躍起だ。

サンズ・チャイナのエドワード・トレーシー最高経営責任者(CEO)は「誰もが直面している問題だ。
マカオの失業率は2.1%だが、これは実質的にゼロといってもよい。働いていない人は職を探して
いないからだ」と話した。マカオの失業率は、ブルームバーグが調査を始めた2002年以降で最低
の水準にある。

カジノ産業の人手不足は、レストランなど小規模事業の経営にダメージを与えている。マカオ大学
の経済学部長フン・クワン氏によると、小規模事業主らはカジノとの人材獲得競争に勝利するため、
賃金を引き上げざるを得なくなっているという。

同氏は「マカオでは人手不足が慢性化していたが、最近のカジノ開発で状況は一段と悪化した」と
話した。マカオは昨年21%の経済成長を達成。域内総生産(GDP)のうち、カジノ関連収入は約40%
を占めた。

今後もカジノ開発計画はめじろ押しで、さらなる人手が求められる。ウィン・マカオは今月、マカオで
2番目のカジノリゾートを建設する許可を得た。昨年売上高が3倍以上増加した銀河娯楽は3年間で
21億ドルを投じて、カジノの規模を2倍に広げる計画だ。

人手不足を解消するひとつの望みは、行政区政府が産業の成長維持を支援するため、外国人雇用
に関する規制を緩和することだ。クワン氏は「マカオの労働力では最近のプロジェクトに対処するには
不十分で、外国人労働者が必要とされている」と指摘した。サンズ・チャイナのトレーシーCEOは
「必要なのは政治的プロセスだ。われわれが次のプロジェクトを計画している以上、何らかの緩和が
行われると信じている」と話した。

香港と並ぶ中国の特別行政区マカオのカジノ産業の規模は今や米国のラスベガス(ネバダ州)を
上回り340億ドル(約2兆7000億円)に達している。

【2012年5月23日 SankeiBiz】

 

 

コメントは受け付けていません。

関連するタグ

タグ: ,

関連する記事

こんな記事もいかがですか?

オンカジがオススメするカジノ

インターカジノ
インターカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
ベラジョンカジノ
ベラジョンカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
ウィリアムヒル
ウィリアムヒルこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>

英国政府公認ブックメーカー!ウィリアムヒルはこちら!>>

このページのトップヘ

新着ニュース

お名前

メールアドレス