オッズ表記◆ “to” と “for” の違い

登録するだけで500円!オムニカジノで遊びませんか!!??>>


  日本では、オッズ(=配当率)を表すときに
「賭け金の何倍」というように倍数で表現します。

  しかし、海外では「何倍」という概念がないため
「$○○に対していくつ支払う」
というように、
「to」とか「for」といった表現方法を用います。

 カジノでも賭け金に対する配当率の表記として、通常は「to」または「for」が使われています。
「to」「賭け金を含まない」 配当率であり、「for」「賭け金を含む」 配当率です。

例えば...

「3 to 1」の場合「賭け金1単位に対して、それとは別に3単位を配当する」という意味になり、

「3 for 1」
なら「賭け金1単位に対して、2単位の配当で合計3単位になる」ということになります。

 その他にも、オーストラリアなどで見かける「大小(Sic-Bo)」というゲームでは、「wins」という表記を目にすることがあります。これは「to」と同じ意味ですが、「1 wins 3」というように言い回しが反対になり、「賭け金1単位に対して、別に3単位を配当する」という意味です。

 最初は少し戸惑うかもしれませんが、慣れてくればそんなに難しくありませんので、「to」と「for」の違いだけ気をつけてください。

 

コメントは受け付けていません。

関連するタグ

タグ: , , ,

関連する記事

こんな記事もいかがですか?

オンカジがオススメするカジノ

ウィリアムヒルスポーツ
ウィリアムヒルこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
ベラジョンカジノ
ベラジョンカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>
インターカジノ
インターカジノこのカジノに関する記事>>
登録はコチラ>>

麻雀が遊びから稼ぐ手段へ。本物の雀士になりたい方はこちらをクリック

このページのトップヘ

新着ニュース

お名前

メールアドレス